江戸末期以降、日本は理想的な道を歩んできた